文化・芸術

新年を寿ぐ鳥たち

■博物館に初詣(2017.1.2~1.29)

 東京国立博物館の展示なのだ。2005.1.2~1.30まで展示されたのが、博物館に初詣「酉・鳥・とり」であった。あれから12年、毎年訪れている訳だ。「水に酉」が好きだからではない。

Photo_2

Continue reading "新年を寿ぐ鳥たち"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猿の楽園

 「博物館に初詣」(東京国立博物館)も、申年(2004年)から始めてちょうど一周したそうだ。私は、翌年の「酉・鳥・とり」から通い出した。

 1月2日に「猿の楽園」を見に行った。どうもサルは可愛くないので(偏見かな)、出展数は少なかったが、それなりに面白かった。

01_2

 博物館で法隆寺のお香を買って、その後いつものように韻松亭で食事。少々飲み過ぎた。



 

Continue reading "猿の楽園"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

博物館に初詣

 例年のように、今年も博物館に初詣。雲一つない晴天、いつものように韻松亭でお昼を食べて、さて、博物館へ。当然ながら、テーマは「馬」。

   

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

巳・蛇・ヘビ

 昨年は喪中だったため、行けなかった「博物館に初もうで」。今年は行きましたね。なんせ、干支が巳ですもの。毎年、干支にちなんだ物を集めるのは大変。去年の間に終わってしまったのではと心配したが、今年もやってましたね。東京国立博物館は偉いぞ。「博物館に初もうで」の垂れ幕がなかったのですが、風が強かったので、降ろしていたのでしょう。

201301

Continue reading "巳・蛇・ヘビ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

美術のなかのうさぎ

今年も博物館に初もうで。「美術のなかのうさぎと国々のお祝い切手」を見てきた。良い天気に誘われて、人出も多い。毎年、学芸員の方々も苦しんでいる。干支の美術品を集めるのは大変なのだろう。そこで今回は「国々のお祝い切手」を付け加えたようだが・・・。まァ、そこについてはノーコメントと致しましょう。序に、前庭で獅子舞を見たが、これはなかなかに興味深かった。恵比須さん、大黒さんの同伴と云うのは贅沢なような気もするが、目出度い事ではございますなァ。

Continue reading "美術のなかのうさぎ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長谷川等伯展

<527回>

長谷川等伯展も今日までと云うことで、東京国立博物館へと行くこととした。行きは歩き。途中、普門山全生庵の桜はちらほらと咲き始めていた。谷中墓地、上野公園の桜はもう間もなくと行ったところかな。展示場入口では40分待ちだったが、なかはさほどに混んではいなかった。水墨画時代、松林図の世界を展示した第ニ展示場は余裕で見ることが出来た。これだけの展示はやはり見逃せない。十分に堪能した。

Continue reading "長谷川等伯展"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

虎尽し

<516回>

元旦は忙しく動き回り、昨日はのんびりと初詣。今日は、例年のように「博物館に初もうで」(東京国立博物館)へと行ってきた。昨日までは快晴だったが、今日は少々雲が多く、晴れ晴れとした雰囲気とまではいかなかった。それでも、博物館は気持ちが良い。実は今年の虎には期待していた。はさほど美術品がなかったが、きっと虎は多いに違いないなどと勝手に思っていたのだ。まァ、思ったほどではなかったが、それでも毎年よく集めるななどと思いながら、暫し博物館の中を漂ってしまった。

Continue reading "虎尽し"

| | Comments (0) | TrackBack (0)