« 今年読んだ小説の数 | Main | ゆんでめて »

天空のリング

<537回>

いやはや、日本のマスコミはどうしたものでしょうね。民主党のドタバタに振り回され、結局は異口同音に投票になって良かった、議論を戦わすべきだ、などと言っている。政策なき政権運営と理念なきマニフェストとで議論したって、どうしようもない。選んだ国民が悪かった、ここは総選挙にすべきだとか言ってみろ。政治空白が出来ようが、このままじゃ日本の未来はより暗い。日本共同体は既に崩壊しているのに、その概念にしがみ付き、自分たちだけが、そのオピニオンリーダーだと云う幻想を捨て切れないマスコミには、ほとほと呆れ返るばかりである。なんてね、民主党の件はもうどうしようもなく、言うべき言葉が見付からないので、Paul Melko の「SINGULARITY'S RING(天空のリング)」(金子浩訳、2010年8月15日発行、ハヤカワ文庫)でも紹介しようと、その前振りに使っただけなのですがね。

<共同体>が突然に消えた地球を描く「天空のリング」である。<共同体>と云うのは、60億人の人類が参加したコンピューター・ネットワーク社会のことなのだが、それが数十年前に突然に<大移住>をしたらしい。残された人類は<ポッド(小群)>と呼ばれる者と<独人>とに分かれた。<ポッド>は2人~5人の集団で成り立ち、まるで一人の人間であるかのように行動する。フェロモンで会話し、手首のパッドに触れ合うことによって記憶や感情を共有する<ポッド>達。遺伝子工学的改造の結果なので、少々気味が悪いが、面白い発想である。もしかしたら、動物の群れはそうなのかもしれない。この物語は、その<ポッド>の一組<アポロ・パパドプロス>の冒険を描いている。<アポロ>の構成員ストロム、メダ、クアント、マニュエル、モイラ5人の各視点で物語は進む。<大移住>に参加しそこなった<共同体>最後の構成員マルコム・レトとの出会いが彼らに何をもたらしたのか。<共同体>が作った無人の<リング>-地球をぐるりと取り巻く宇宙ステーション-は何を意味するのか。リングと云うと、「リングワールド」を思い出すが、趣の全く違う物語。

Ring01

|

« 今年読んだ小説の数 | Main | ゆんでめて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

SF」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天空のリング:

» 【マジコン】ポケモン ホワイト ブラック【エミュ】 [【攻略】ポケットモンスターブラック・ホワイト【マジコン】]
ポケットモンスターブラック・ホワイトのROMデータが!マジコン対策回避方法!? [Read More]

Tracked on 09/02/2010 04:01 PM

« 今年読んだ小説の数 | Main | ゆんでめて »