« August 2010 | Main | January 2011 »

September 2010

ゆんでめて

<538回>

人は時として、行くはずでは無かった明日へと、突き進んでしまうことがある。昨年、マスコミの口車に乗せられて、民主党を選んでしまった国民は、またまた、「ゆんで(弓手、左の道)」か「めて(馬手、右の道)」かの選択を傍観させられる羽目に陥った。しかも、どちらの道も行き止まり。これじゃ前よりもなお悪いと悔やんでも、この世に「生目神様」は現れぬ。自分を神とでも思っているよなマスコミは「てぬかり」ばかりしでかすが、止める者も出てこない。あ~あ、「日頃偉そうにしてるんなら、もうちっと大人になんな」とでも言ってやりたいものですな。と、ここまでは、畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズ第九弾「ゆんでめて」(2010年7月30日発行、新潮社)の前振りなのでありました。

Continue reading "ゆんでめて"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天空のリング

<537回>

いやはや、日本のマスコミはどうしたものでしょうね。民主党のドタバタに振り回され、結局は異口同音に投票になって良かった、議論を戦わすべきだ、などと言っている。政策なき政権運営と理念なきマニフェストとで議論したって、どうしようもない。選んだ国民が悪かった、ここは総選挙にすべきだとか言ってみろ。政治空白が出来ようが、このままじゃ日本の未来はより暗い。日本共同体は既に崩壊しているのに、その概念にしがみ付き、自分たちだけが、そのオピニオンリーダーだと云う幻想を捨て切れないマスコミには、ほとほと呆れ返るばかりである。なんてね、民主党の件はもうどうしようもなく、言うべき言葉が見付からないので、Paul Melko の「SINGULARITY'S RING(天空のリング)」(金子浩訳、2010年8月15日発行、ハヤカワ文庫)でも紹介しようと、その前振りに使っただけなのですがね。

Continue reading "天空のリング"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 2010 | Main | January 2011 »