« かのこちゃんとマドレーヌ夫人 | Main | 天地明察 »

オール*マイ*ラビング

<534回>

京極夏彦氏の「死ねばいいのに」(2010年5月15日、講談社)を電子書籍で買ってみた。当然ながら、小説は本の形態をとったものが好みである。とは言え、iPadの発売に合わせての試みだと言う。新しいものには弱い性格なのだ。内容・・・、内容については、良い悪いは別として一昨日より行き詰まったままとなっている。いずれ読むことになるだろう。さて、紹介したい本が溜まってしまった。「天地明察」は近々紹介するだろうが、かなり後回しとなる可能性大のLois McMaster Bujoldの「THE SHARING KNIFE(死者の短剣)」(小木曽絢子訳、創元推理文庫)は書名だけでも紹介しておこう。一巻目の「BEGUILEMENT惑わし)」(2008 年12月26日初版)はさほどではないと思ったが、二巻目の「LEGACY(遺 産)」(2010年5月28日初版)を読んで、結構いけるじゃないかと思った次第。「惑わし」と「遺産」とを合わせて読むと良いだろう。

Shoji01_2

今日は小路幸也氏の「東京バンドワゴン」シリーズ最新作「オール*マイ*ラビング」(2010年4月30日第一刷発行、集英社)を紹介することと致しましょう。いつものように賑やかな古本屋兼カフェの「東京バンドワゴン」。下町の一角にあると云う設定で、何やら親しみを感じます。その家族の多いこと多いこと。堀田勘一を筆頭に、息子の「伝説のロッカー」我南人や孫に曾孫まで、加えて猫に犬まで同居すりゃ、こりゃ騒がしいなんてもんじゃない。「文化文明に関する些事諸問題なら、如何なる事でも万事解決」なんて家訓のもと、今回も色々と事件が舞い込むことになる。夏「あなたの 笑窪は縁ふたつ」から始まり、秋「さよなら三角また会う日まで」、冬「背で泣いてる師走かな」ときて、最後は春「オール・マイ・ラビング」と相成ります。さて、「本は収まるところに収まる」ことになるのでしょうか。それは読んでのお楽しみ。

<参考>紹介した小路幸也氏の作品
残される者たち へ
ス タンド・バイ・ミー
モーニング  Mourning 
シー*ラブズ*ユー
空を見上げる 古い 歌を口ずさむ
東京バンドワゴン

|

« かのこちゃんとマドレーヌ夫人 | Main | 天地明察 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Home-drama」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オール*マイ*ラビング:

« かのこちゃんとマドレーヌ夫人 | Main | 天地明察 »