« へリックスの孤児 | Main | 長谷川等伯展 »

南の子供が夜いくところ

<526回>

風が強くてかなわない。外に出る気はしなかったが、天気が良いと部屋の中にいるのももったいないような気がする。青池保子さんの「エロイカより愛をこめて 3536」(平成21年6月30日、平成22年2月28日、秋田書店)を見ながらじゃ、あまり説得力はありませんがね(笑)。最近は結構忙しく、紹介したい本が溜まってしまった。「ミストスピリット①」、「高原王記」なども紹介したいのだが、風の強い夜に紹介するとしたら、これだろうな。恒川光太郎氏の「南の子供が夜いくところ」(平成22年2月28日初版発行、角川書店)。そこは、南の島々。普通のようで、ちょっと不思議な場所なのさ。

湘南の海水浴場からトロンパス島へと来たのはタカシ。両親と別れ、呪術師ユナさんに連れられて来た。それはタカシの見る夢なのか、そうでないのか判らない。「南の子供が夜いくところ」から始まる物語。ユナの生まれた「紫焔樹の島」。トロンバス島を訪れたヴェルレーヌの手記から「十字路のピンクの廟」。遠い遠い昔に精霊の力を求めて海の果てに旅立った男の「雲の眠る海」。セントマリー岬で起きる悪霊ヤニューの「蛸漁師」。タカシとロブが出逢った「まどろみのティユルさん」。タカシの父親がタカシに会いに来るまでに迷い込んだ廃墟の町の「夜の果樹園」。それは、精霊、悪霊たちが織りなす不可思議なのか、それとも、心の中に潜む夢なのか。「では素晴らしい人生とは何かね?何があると素晴らしいのだね」と問いかけられれば、それが現実なのか幻なのか判らない。何だかドキッとしますよね。

Tunekawa01

<参考>恒川光太郎氏の作品

草祭

秋の牢獄

雷の季節の終わりに

夜市


|

« へリックスの孤児 | Main | 長谷川等伯展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

幻想」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

Posted by: 藍色 | 12/11/2012 11:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南の子供が夜いくところ:

« へリックスの孤児 | Main | 長谷川等伯展 »