« タイムアウト | Main | オペレーション・アーク3 »

私の家では何も起こらない

<523回>

好い日和。あまりに多い団体での散策者たち。人には無関心。一人で歩いている私は透明人間になったのか。ぶつからないように避けながら進む。何やら寂寥とした空間が広がる。散歩も早々に切り上げたくなった。人は何を求めて団体で歩くのか。私には理解できない。などと思いながら歩いていたら、分り易いものに出逢った。僕はご主人様を待っている(下に写真有)。「散歩の時間なんだぞ」、何も言わずに喋る犬。無味乾燥な人間達より雄弁なのかもしれません。こんな気持ちの時は、こんな本でも紹介することに致しましょう。恩田陸さんの「私の家では何も起こらない」(2010年1月8日初版第1刷発行、メディアファクトリー幽BOOKS)。

Onnda01_2

丘の上にうずくまる野ウサギのように見える屋敷がある。辺りは殺風景な丘が続くだけ。大きな木がいっぽん。ちょうどいい高さの枝がある。ポーチでは小さなぶらんこがゆらゆらと揺れ、台所はとても明るく、気持ちがいい。小さな撥ね上げ戸を開けると地下には貯蔵庫も。本物のアンティークの布の壁紙の居間にはロッキング・チェア。この屋敷を買った作家は「夜、風の音を聞きながら仕事をしていると、世界中に一人きりなんじゃないかって思うわ。なんていうのかな、まるであたしがこの世界を夢見てるんじゃないか、世界はあたしの脳みその中だけに存在するんじゃないかって」と語る。この古い家にはたくさんの人が住み、それぞれの場所にはそれぞれの物語があった。そう、その家は淋しい感じがしない、なんだか人がいっぱいいるような気がする。これは夢、それとも思い出なのだろうか。「世界は人類なしに始まったし、人類なしに終わるだろう」。

私の家では何も起こらないのか、それとも起こるのか。いずれにせよ、本作品は風の強い夜にでも読んでみるのがいいのかもしれません。

001

|

« タイムアウト | Main | オペレーション・アーク3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

幻想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私の家では何も起こらない:

« タイムアウト | Main | オペレーション・アーク3 »