« 魔王とひとしずくの涙 | Main | オペレーション・アーク1・2 »

今年のベスト10冊

<514回>

Brian Freemantleの「片腕をなくした男」を紹介しようと思ったのだが、前回の紹介で丁度600冊目であったので、今回は本の紹介はお休みと云うことにした。いやなに、某所で「今 年、読んで選んだベスト5(ベスト10)は、…」と云うのを募っているのを見て、つい私もやってみたくなった次第。私の場合は何だろう。相当に偏りがあるようなので、他の方とは違うだろうな、な どと思いつつ、一応、考えてみた。但し、シリーズ物は外してみようと思ったら、結構、これが難しい。最近、安易な読書をしているのがモロバレですな。以下、次葉の通り。

01.恒川光太郎氏の 「草祭
02.Brandon Sandersonの「ミストボーン
03.Alan Bennettの「やんごとなき読者
04.香月日輪さんの「妖怪アパートの幽雅な日常」(今年発行ではないが)
05.Jeffrey Archerの誇りと復讐
06.
John Grishamの「THE APPEAL(謀略法廷)上」(白石朗訳、平成21年7月1日発行、新潮文庫)
07.Diana Wynne Jonesの「魔法泥棒
08.上田早夕里さんの「魚舟・獣舟
09.Robert Goddardの「遠き面影
10.万城目学氏の「プリンセス・ト ヨトミ」(2009年3月1日第1刷発行、文藝春秋)

「謀略法廷」と「プリンセス・トヨトミ」などは紹介しようと思っていて、そのままになっていた。そのほか忘れているものも多々ありそうだが、まあいいことにしよう。なお、順位は今日の気紛れのような気もする。

|

« 魔王とひとしずくの涙 | Main | オペレーション・アーク1・2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今年のベスト10冊:

« 魔王とひとしずくの涙 | Main | オペレーション・アーク1・2 »