« 魔王とひとしずくの涙 | Main | オペレーション・アーク1・2 »

今年のベスト10冊

<514回>

Brian Freemantleの「片腕をなくした男」を紹介しようと思ったのだが、前回の紹介で丁度600冊目であったので、今回は本の紹介はお休みと云うことにした。いやなに、某所で「今 年、読んで選んだベスト5(ベスト10)は、…」と云うのを募っているのを見て、つい私もやってみたくなった次第。私の場合は何だろう。相当に偏りがあるようなので、他の方とは違うだろうな、な どと思いつつ、一応、考えてみた。但し、シリーズ物は外してみようと思ったら、結構、これが難しい。最近、安易な読書をしているのがモロバレですな。以下、次葉の通り。

01.恒川光太郎氏の 「草祭
02.Brandon Sandersonの「ミストボーン
03.Alan Bennettの「やんごとなき読者
04.香月日輪さんの「妖怪アパートの幽雅な日常」(今年発行ではないが)
05.Jeffrey Archerの誇りと復讐
06.
John Grishamの「THE APPEAL(謀略法廷)上」(白石朗訳、平成21年7月1日発行、新潮文庫)
07.Diana Wynne Jonesの「魔法泥棒
08.上田早夕里さんの「魚舟・獣舟
09.Robert Goddardの「遠き面影
10.万城目学氏の「プリンセス・ト ヨトミ」(2009年3月1日第1刷発行、文藝春秋)

「謀略法廷」と「プリンセス・トヨトミ」などは紹介しようと思っていて、そのままになっていた。そのほか忘れているものも多々ありそうだが、まあいいことにしよう。なお、順位は今日の気紛れのような気もする。

|

« 魔王とひとしずくの涙 | Main | オペレーション・アーク1・2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46565/47063505

Listed below are links to weblogs that reference 今年のベスト10冊:

« 魔王とひとしずくの涙 | Main | オペレーション・アーク1・2 »