« 最終謀略 | Main | 魔王とひとしずくの涙 »

アルサラスの贖罪 1・2

<512回>

「魔法の国ザンス20 魔王とひとしずくの涙」が出ていた。「魔法の国ザンス19 女悪魔の任務」が今年の2月発行だった。1年以上間が空くことが多いので、結構早い。もう20回だもんな。24年間で20冊。楽しませてもらってるなァ。Piers Anthonyは75才。長生きしてもらいたいものだ。今日ご紹介する作品の作家David Eddings & Leigh Eddingsはお二人とも亡くなっている。夫のDavid Eddingsが今年の6月だそうだ(77才)。妻のLeigh Eddingsは2007年に亡くなっている。最後の未訳長編ファンタジー、今日は軽くご紹介。

Althalus01_2 「THE REDEMPTION OF ALTHALUS(アルサラスの贖罪)」は、「1.黒猫の家」(宇佐川晶子訳、2009年9月15日発行、ハヤカワ文庫)、「2.女王と軍人」(2009年11月15日発行)、「3.善と悪の決戦」(来年1月発行予定)の全3巻となっている。驚異的な強運を持つ泥棒アルサラス。「幸運の女神はどうやらアルサラスに惚れ込んでいるらしかった」が、どうも、その運に見放され、<世界の果ての家>へとやってきた。そこで出会った猫エメラルド。さてはて、アルサラスはどうなるか。2500年もの間、<本>を読み、その後に仲間を集めに旅に出た。まァ、もう少し詳しいお話は、3巻目が出た後で紹介することと致しましょう。「飲まずにいられる飲んべえなんて会ったことがないぞ」(アルサラスの贖罪2より)なんてね。泥棒家業の与太話か神々の戯れか、読んでみなけりゃ分らない。


|

« 最終謀略 | Main | 魔王とひとしずくの涙 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Fantasy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アルサラスの贖罪 1・2:

« 最終謀略 | Main | 魔王とひとしずくの涙 »