« アルサラスの贖罪 1・2 | Main | 今年のベスト10冊 »

魔王とひとしずくの涙

<513回>

早速に読んでしまった Piers Anthony の魔法の国ザンス20「YON ILL WIND(魔王とひとしずくの涙)」(山田順子訳、2009年11月25日発行、ハヤカワ文庫)を紹介することに致しましょう。この手の本なら、魔法にでもかかったかのように早く読み終えてしまうので、しまった、こんなに早く読むんじゃなかった、なんて後悔することしきりです。魔法と言えば、「THE WITCH'S HANDBOOK(魔女図鑑-魔女になるための11のレッスン)」(Malcolm Bird作・絵、岡部史訳、1992年8月初版発行、金の星社)なんて本もあります。「熟練した魔女によってのみ実用可能」だそうなので難しそうですが(笑)、魔法にかかってしまったと思った時には、お薦めかもしれません。

Anthony01 前作「女悪魔の任務」では、ザンスの魔王Xと女魔王Vとのゲームが裏にはあった。ザンスの魔王Xは勝ち過ぎた。魔王の長JUに挑まれるが、どうも、これは罠っぽい。魔王の長の地位とザンスの支配権を賭けた今回は、魔王Xにとって過酷なものと相成った。魔王Xはザンスの死すべき運命の生き物となり、ザンスに於いてパートナーを一人選ばなければならない。そのパートナーが魔王Xのために涙をひとしずく流せば、魔王の勝ちとなるのだが。まァ、色々と条件が付いている。まずはその姿。体はグリーンとパステルピンクの縞模様のドラゴン、頭はロバで、汚水アヒルの声と云った代物だ。名前は二ムビー(Not In My Backyardの略)。

一回しかしゃべれないので、声はどうでもいいのだが、出だしから、何やら躓いた。パートナーを選びそこなった。パートナーの名はクローリン。二人の冒険が始まった。マンダニア人のボールドウィン一家も巻き込まれ、前回活躍した女悪魔メトリアの悪しき半身メンティアも加わって、話は大変なことになっていく。魔王Xが負けると、ザンスもどうなるか分らない。さァて、結末や如何に。ま、そんなことはさておいて、クローリンもメンティアも「ピンナップの女王」だし、随所に<おとなの陰謀>は出てくるわ、魔法の力が作用しなくなる袋がナップサックだったりと、言葉遊びも頻繁だ。翻訳の方は大変だろうが、いつものように楽しめる。次回作も既にあるようで、安心して一気に読んで頂こう。

(注)魔王Xの正式名は、X(A/N)th 。女魔王VはV(E/N)us 。魔王の長JUはJU(P/I)terです。念のため。

<参考>魔女図鑑

Witch01




 

|

« アルサラスの贖罪 1・2 | Main | 今年のベスト10冊 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Fantasy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 魔王とひとしずくの涙:

« アルサラスの贖罪 1・2 | Main | 今年のベスト10冊 »