« 魔法泥棒 | Main | 戦慄のウイルス・テロを阻止せよ! »

遠き面影

<506回>

Robert Goddardの作品については、「最後の喝采」以来、紹介しよう、しようと思いながら、そのままになっていた。「ジュニアス書簡集」の特装版を巡る「SIGHT UNSEEN(眩惑されて)上」(加地美知子訳、2007年3月15日第一刷発行、講談社文庫)、50年ぶりの同窓会から始まる事件を描く「NEVER GO BACK(還らざる日々)上」(越前敏弥訳、2008年7月15日第一刷発行、講談社文庫)も面白いのだが、もう1年以上経ってしまった。今日は、「NAME TO A FACE(遠き面影)上」(北田絵里子訳、2009年10月15日第一刷発行、講談社文庫)をご紹介致しましょう。

Goddard01 モナコの造園業者ティム・ハーディングは、彼の会社ジャルディニエラ社の上得意客かつ株主であるバーナバス(バーニー)・トーザーから依頼を受けた。それは、競売にかけられるトーザー家に伝わる指輪の落札で、兄ハンフリー(ハンフ)・トーザーを自分の代わりに助けてやってくれと云うものだった。場所は英国コーンウォールのペンザンス。そこは、ハーディングが末期癌だった妻ポリーと旅行した最後の場所だった(1999年8月11日の皆既日食見物)。

Goddard02 その指輪が競売会場から奪われた。何処かで出逢ったような謎の女性ヘイリー・ウィンターの失踪。バーニーが過去に係わったケリー・フォックストンの死の謎。それらは18世紀のクラウズリー・シャヴェル提督の時代へと、そして、さらに昔の伝説へとハーディングを巻き込んでいく。バーニーの妻キャロルとの情事、財務担当役員トニー・ホワイトブローの陰謀など虚実の世界と歴史的な謎が織りなすミステリーは、モナコの明るい光の中から雨に煙るコーンウォールの影へと 我々を誘い込むかのようだ。

|

« 魔法泥棒 | Main | 戦慄のウイルス・テロを阻止せよ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Mystery」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 遠き面影:

« 魔法泥棒 | Main | 戦慄のウイルス・テロを阻止せよ! »