« 「滴り落ちる時計たちの波紋」 | Main | 「後巷説百物語」 »

「長崎乱楽坂」

吉田修一氏の「長崎乱楽坂」

glaver11.jpeg

⇒私には理解できない「少年たちが見ていた男たち」、そこから出て行きたい、しかし残ってしまった少年の心境が今ひとつ何なのかよく解らない。現実感の希薄化、自意識の分散化、その中で、ちっとも面白くない周囲、大人になれない男の本性、なんてところかと思いますが、長崎に帰りたいとは思わせない本です。

|

« 「滴り落ちる時計たちの波紋」 | Main | 「後巷説百物語」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「長崎乱楽坂」:

» 長崎乱楽坂/吉田修一 [心理学とタイとウルティマオンライン]
自分の育った環境という背負いもの、 なりたい自分、 なれない自分、 男の子が”自分”を選びとっていくまでの物語として読みました。 そして単なる成長の物語だけではなく 主人公であり語り手である駿と自殺した叔父:哲也との 戦後を支えた威勢のいい男になりきれない男たちの反復の物語でもあります。 【ストーリー】 事故で父親を亡くした駿と悠太は母親(千鶴)の実家で生活している。 湯上りの男たちの酒に赤らんだ体、 夜中に連れられてくる甘え声の女、 離れでの母親の情事、 刺青の..... [Read More]

Tracked on August 30, 2005 23:41

« 「滴り落ちる時計たちの波紋」 | Main | 「後巷説百物語」 »