緊急

山古志村支援を考えましょう

■新潟中越地震に関しては徐々にマスコミ等の報道が少なくなってきましたが、これからが被災者の方々への支援は重要性を増してくるものと思います。ここに小島愛一郎さんが新潟中越地震で被災された方と直接メールを交わして書かれた現地の「生の声」があります。小島さんより、多くの方に見てもらいたいと云うご意向を頂きましたので、そのまま(続き)の方に転記させて頂きます。
hydrangeaさんも書かれているように被災地の状況を風化させてはなりません。まさに被災地対策はこれからが本番であり、我々も出来る限りのことを続けていくことが大切なのではないでしょうか。

■少しでも多くの皆様に支援方法等を考えて頂き、そのアイデアを小島さんのサイトにアップして頂く、もしくは自ら実行して頂ければと思います。なお、ここでは山古志村に焦点を当てておりますが、当然ながら、被災地は山古志村だけではありません。他の被災地の情報にも注意を払い、フォローしていくことも忘れてはならないでしょう。

Continue reading "山古志村支援を考えましょう"

| | Comments (8) | TrackBack (3)

救援物資配布体制の重要性

【本題の前にご覧下さい。】
・サイドバーに新潟中越地区地震被災地情報、支援情報がございます。一刻も早い復旧をお祈り致しております。

■11/11週刊新潮を見ると、『「おにぎり数千個」の無残な「廃棄現場」』と云う記事があった。このようなことが実際あるだろうことは察せられる。しかし、これは腐りやすいものを送った方に非がある訳ではないし、当然、自治体の方々などに非がある訳でもない。自治体の方々も誠心誠意活動されておられるだろうが、実は自治体の方も被災者なのである。ボランティアの方々に頼ると云うのもなかなか難しい。なぜならボランティアの方々は、その活動がどうしても短期間に限定される。そのため、地域の状況を理解し、中長期的に配布体制を構築するのは難しいだろう。なお、自衛隊の方々も活動されているが、その主体はインフラの復旧等に向かわざるを得ないだろう。
このように考えると、やはり後方支援の専門組織を作る必要があるのではないだろうか。後方支援は一般にうまくいって当たり前のように考えられるが、大変重要かつ相当な専門性(物資、通信、交通、インフラ等に対する知識が必要)を要するもののように思われる。また、物資のなかには女性特有なものが多々含まれることを考えると、男性だけではなく女性の方々も含む組織が必要と思われる。
【追記:広域後方支援の専門組織は、非常時コントロールセンターのイメージ。】

Continue reading "救援物資配布体制の重要性"

| | Comments (7) | TrackBack (2)

新潟地震 小千谷地区に情報を!

■新潟地震 小千谷地区に情報を!

十日市の情報は入るそうですが、小千谷(おぢや)市の情報が全く入らないそうです。

詳しくは 新潟中越地区地震掲示板 小千谷市の情報

小千谷の住民が必要とする情報は
以下のようなものです。

各種電話番号 メール アドレス
市役所
災害対策本部 市 県 国
給水 炊き出しが行われる場所 時間
ガソリンの入手できる場所 県内のどこに行けば
ガソリンスタンドがあいているか。
またそこまでの道順
赤ん坊 幼児 のミルクの入手場所

詳しくは、http://blog.goo.ne.jp/sebaweb/

今の所解っている事は、掲示板のコメントに書き込んで
あります。
時間がある方は是非、ご協力下さい。
(以上、hydrangea避難所さんからの情報)

【追伸】皆様、ご協力ありがとうございます。急に、しかも誰だか判らない私がお願いしたにもかかわらず、すぐに対応頂きまして、本当にありがとうございました。小千谷(おぢや)市の方々はまだ不安な日々を過ごしていらっしゃることと思います。今後ともよろしくお願いいたします。コメントやtrackbackをしなくともご協力頂いた方もいらっしゃると思いますので、改めてお礼申し上げます。また、hydrangea避難所さんの方で、別途のご支援を行っているようです。重ねてご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

| | Comments (6) | TrackBack (7)