書籍・雑誌

ミストボーン

先週までは読みたい本が出ないと騒いでいた。来る時は来るもので、「戦慄のウイルス・テロを阻止せよ!」、「三国志第八巻」、「ミストボーン3」、「アルサラスの贖罪1」は出るわ、図書館に予約しておいた「妖怪アパートの幽雅な日常6、7、9」(8が来ないところがなぁ)は来るわ、その他諸々が一遍に来るわで、読みかけの本をどうしましょうてことになりました。しょうがない(嘘ばっかり、笑)ので、今朝出掛ける前に「ミストボーン3」に手を出した。結局、読んでしまって、約束の時間に遅れるし、焦っているので忘れ物はするし、散々な目に遭いました。そんな訳で(何の訳やら)、Brandon Sandersonの「MISTBORN:THE FINAL EMPIRE(ミストボーン)」(金子司訳、ハヤカワ文庫)を紹介することと致しましょう。

Continue reading "ミストボーン"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

やんごとなき読者

前回の「天岩野戸の研究」で、dawn libraryの記事が500になっていた。記念して、本の紹介ブログに相応しい本を選ぼうと思います。宮城谷昌光氏の三国志第八巻も出ましたが、やはり八巻目ではね。そう言えば、「ミストボーン」の最終巻も出ましたね。でも、まだ読んでおりません。色々と考えた結果、Alan Bennettの「The Uncommon Reader(やんごとなき読者)」(市川恵里訳、2009年3月20日発行、白水社)にすることといたします。この本は余裕があれば原文で読んでみたい本です。もし、皆さんも読んだなら、作中のノーマンやハッチングズを気取って、「いかがでしたか」と訊ねてみたいところです。ノーマンの性癖とは全く関係がございません。念のため。

Continue reading "やんごとなき読者"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「なか見!検索」

大沢在昌氏、宮部みゆきさん、京極夏彦氏の全作品の一部が、明日からアマゾンで立ち読みできることになる(「なか見!検索」サービス)と日経が報じている。日本では2005年11月に同サービスを開始したようだが、人気作家の文芸作品では例がなかったと書いてある(既に同サービスの付いている方に失礼な書き方のような気もするな)。出版社16社が共同で参加するとのこと。そう言えば、数ヶ月前に某出版社から、Google社との和解参加に関するお知らせが来ていた。書籍も急速に電子化に向かっていくのだろう。私は本屋で背表紙を見ながら本を探すのが趣味なので、寂しい気持ちにはなるァ。

出掛けるまでに少々時間があるので、「天岩屋戸の研究」でも紹介しようと思っていたのだが、ついつい何冊かの「なか見!検索」を見ていたら、時間がなくなった。続きはまたと言うことで・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

季節柄

 季節柄、涼しくなるような話を紹介したいと思っているのだが(いつものようにね)、どれを選べばいいのか決まらない、京極夏彦氏の「厭な小説」じゃないような気がする。私の性格は直線じゃないので、もう暫くお待ち頂きたいところです。期待外れ、間違いなし。本人も認める可笑しな結果となりましょう。乞うご期待。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月書籍ランキング

先々週風邪で寝込んでいた時も雪だった。今日はそれ以上に降っていた。風邪がぶり返すのが嫌でほとんど部屋に籠っていた。今年の風邪は相当にしつこい。そろそろ散歩に行かねばなるまいて。これを書いてからと思っていたが、まず行くことにしよう。-とか言って出て行ったのだった- 雪は降りやんでいたので、我が愛犬は少々元気であった。朝方の「足が冷たいので帰りましょう」もなく(年寄りだ、笑)、いやはや私の方は寒かった。風呂に入っていたら、こんな時間になってしまった。某氏も読んでしまったことだろうから、冒険の旅、Piers Anthonyの魔法の国ザンス18「GEIS OF THE GARGOYLE(ガーゴイルの誓い)」を紹介しようと思っていたが、止めた。1月書籍ランキングでも発表しておこう。

Continue reading "1月書籍ランキング"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

年忘れランキング

もうあとちょっとで2007年も終わる。皆さん、今年一年大変お世話になりました。来年もよろしくお願い致します。犬と散歩していたら、オリオン座が綺麗に輝いていた。さてはて、12月の書籍ランキングは如何だったかな。まァ、年忘れに今年のランキングも出すこととしよう(6月以降だけどね)。12月は突然に「ブラックペアン1988」の検索が増加した。「オリオン座からの招待状」は書籍ランキングに入れていないのだが、その検索数(88)を超えてしまった。そのほかは相当に分散した。少数で書名が判らないものは別として、日本の小説だけで約70冊が検索された。海外まで含めると約110冊だった。なお、今年は、、「パパとムスメの7日間」が圧倒的な強さで1位となった。因みに海外物では「ダーク・タワー」、「魔法の国ザンス」が強い。

Continue reading "年忘れランキング"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

11月書籍ランキング

通常使っているホームパソコンが完全に壊れてしまった。サポートセンターのお姉さんと真剣にリカバリーをやってみたのだが、最後に「これはダメですね」と言われた(涙)。昨年の春には液晶を取り換えたというのに、結局4年半でいかれてしまった。昔使っていたパソコンはとても小さくて古い。これを使っていると疲れるので、手短に書くことにする。前月は「オリオン座からの招待状」(検索数:736)に尽きる。書籍ランキングなんてやってられない。ブラックペアン1988や秋の牢獄が10位に入ったとか言っても、桁が違う。このランキングも12月でお仕舞いにしようかとも思っている。

Continue reading "11月書籍ランキング"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

宇宙旅行シュミレーション

昨日、東京国際交流館で行われた『新しい「サイエンス・メディア」をデザインする』と云うシンポジュームに行ってきた。パネリストは早川信夫NHK解説委員、福原伸治フジテレビ・プロデューサー、北原和夫国際基督教大学教授、毛利衛日本科学未来館館長、司会は鈴木晶子京都大学大学院教授であった。メディア・リテラシーなるものを学術サイドの皆さんがよく認識していないところが何とももはや……であった。民放の方は全ては自分たちの主観で作るのだ、プロデューサーはこんなに偉いんだぞと当然の如く見せつける。そんな中、いつも批判ばかりしているが(笑)、この分野ではNHKが頑張っているのを再認識した。制作過程のトレースを公開していくと云うのは、主観の混入度合いを見るのに良い方法かもしれない。

Continue reading "宇宙旅行シュミレーション"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10月書籍ランキング

10月の書籍ランキングは結構変化した。突然に「死神の精度」が1位となったほか、「つくもがみ貸します」が5位に、また「池袋ウエストゲートパーク」が6位に急浮上している。逆に「烏金」や「二十億光年の孤独」が10位から姿を消したほか、「サウスバウンド」や「ララピポ」が急落している。なお、毎回書くのだが、「フィッシュストーリー」は「僕の孤独が魚だとしたら…」まで加えると6位の辺りに位置する。「死神の精度」は来年公開映画のオフィシャルサイトがオープンしたせいかもしれない。ところで、これも書籍だと考えれば、「オリオン座からの招待状」が検索数61とトップであった。今月は既に200件を越える検索数となっている。


Continue reading "10月書籍ランキング"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9月書籍ランキング

先月の書籍ランキング10には大きな変化がない。宮城谷氏の第六巻が出たので、「三国志」の順位が上がったのと、「パパとムスメの7日間」と「ララピポ」とが入れ替わった程度である。とは言え、「パパとムスメ…」も11位であるし、「ララピポ」はいつも10位前後にいる。「フィッシュストーリー」が、先月同様に「僕の孤独が魚だとしたら…」も含めると検索数上位なのだが、書名だけでは下位に甘んじている。そんなことを言うと、「デルフィニア戦記」は、登場人物検索数も含めると相当の数(数えるのが面倒なのでやらないが)に上る。なお、海外では、やはり「ダーク・タワー」が強く、「うちの一階には鬼がいる!」や「キルン・ピープル」も多い。また、小説以外では、「素数ゼミの謎」(検索数21)が依然として強い。

Continue reading "9月書籍ランキング"

| | Comments (0) | TrackBack (0)