« ころころろ | Main | 魔法の館にやとわれて »

ドラゴン・ティアーズ-龍涙

 光が、風が、違いを感じさせる。なお暑いとはいえ、確かに秋に入った。空気が澄んでいる。今日は朝から忙しく働いた。などと言うと、職人さんたちに悪いな。彼らが天井を直しているのを単に眺めながら、本を読んでいただけだもの。午後からは調べ物をしながら、スープを作っている。作っていると言っても、じゃがいも、人参、玉ねぎ、ニンニク、マッシュルーム、セロリを丸ごと入れ、それに牛肉を適当な塊で入れて、ぐつぐつと煮込んでるだけ。煮込んでしまえば、形もなくなる、もうすぐ出来上がり♪ まァ、4、5時間煮込めばね。ちらちら見てれば良いのだ。しかし、仕事の方に飽きてしまったので、少々お休みしよう。

 チャイニーズ・スープ(作詞・作曲:荒井由美)を口ずさんだので、石田衣良氏の「池袋ウエストゲートパークⅨ-ドラゴン・ティアーズ-龍涙」(2009年8月10日第1刷、文藝春秋)でIshida01 も紹介致しましょう。池袋西一番街の果物屋の店番、真島誠が池袋で有名なトラブルシューターとしての腕をいつものように見せるのか。「キャッチャー・オン・ザ・目白通り」、「家なき者のパレード」、「出会い系サンタクロース」では有名エステサロンや出会い部屋チェーン店などが相手です。最後の「ドラゴン・ティアーズ-龍涙」では、「世界って、どんどん安くなっていくよな?」と言いながら、中国からの研修生の話となるのでした。やっと、繋がりましたね。「(不法就労の中国人は)おれの半分の給料で、三倍働くんだってさ」とかも言ったりするのですが、こちらの相手は誰でしょう。また、龍涙とは? ところで、「出会い系サンタクロース」に出てくる桐原秀人は、涙ぐむと「失恋したオットセイ」で「なんだか憎めないデブ」だそうです。世の中憎たらしい奴が多いなか、こう云うのも一つの才能かもしれません(え、いえ、決して貴方のことじゃ・・・)。

<参考>
非正規レジスタンス
Gボーイズ冬戦争
灰色のピーターパン
反自殺クラブ
電子の星

|

« ころころろ | Main | 魔法の館にやとわれて »

世相小説」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドラゴン・ティアーズ-龍涙:

« ころころろ | Main | 魔法の館にやとわれて »