« 「なか見!検索」 | Main | やんごとなき読者 »

天岩屋戸の研究

軽い気分で出かけたら、帰り着いたのが6時半。なかなか時間の掛るお仕事(?)でした。さて、「なか見!検索」で書いたように続きを書くことと致しましょう。田中啓文氏の「私立伝奇学園高等学校民俗学研究会」シリーズをばご紹介。「田中啓文はジャンル作家である」と解説(大矢博子さん)に書いてある。また、『ジャンル作家であることはまちがいありません。でも、どのジャンルに属するかといわれると、たぶん、どのジャンルからも「おまえは来るな」と言われるでしょうね』との本人のインタビューが引用されている。まァ、そんなことは別として、私は勝手にFantasyにしちゃいます。何故かって言われてもねぇ、シリーズ2冊目「邪馬台洞の研究」の解説で真中耕平氏は「何でもありかよつ !!」と書きながら、Fantasyが抜けてるからでした(単なる天邪鬼、笑)。

「私立伝奇学園高等学校民俗学研究会」シリーズは、「蓬莱洞の研究」(2008年11月14日第1刷発行、講談社文庫)、「邪馬台洞の研究」(2009年3月13日第1刷発行、講談社文庫)、「天岩屋戸の研究」(2009年7月15日第1刷発行、講談社文庫)の3冊です。

主人公、諸星比夏留は、私立田中喜八学園高等学校に入学し、迷い込んだのを良いことに、民俗学研究会、別名「洞窟研究会」の唯一の新入生にされちゃった。そこでは顧問の藪田浩三郎、部長の伊豆宮竜胆(りんどう)、白壁雪也のほか犬塚志乃、浦飯聖一先輩たちに囲まれて、“常世の森”や色んな洞窟の民俗学的、伝奇的な冒険をすることとなりました。同級生、保志野晴信にも助けられるのではありますが、最後の「天岩屋戸の研究」まで、はたして無事にすみますやら。古武道(独楽)の達人とは言ってもね、そこは可愛い女子高生の比夏留ちゃん、食べ過ぎることはないにしろ、知恵熱を出すことは十分あり得ることだとすぐ分ります。なんせ、「何でもありかよつ !!」ですものね。さてと、あとは読んでのお楽しみ、今日のところはこの辺で。

Tanakahiro01 Tanakahiro02 Tanakahiro03

|

« 「なか見!検索」 | Main | やんごとなき読者 »

Fantasy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天岩屋戸の研究:

« 「なか見!検索」 | Main | やんごとなき読者 »