« きのうの世界 | Main | 猫風船 »

妖怪アパートの幽雅な日常

 今宵は立待月である。早く帰って旨い酒でも飲みたいな。ここは「日暮らしの里」近辺。道灌山聴蟲でも洒落てみるのもわるくない。なんてことを朝方思っていたのだが、突如として大雨・洪水警報なのだ。思惑とは全く異なる様相に、なにはともあれ、早く帰ってきてよかったな。何があるのか分からないのが、この世の中。そ(軽く言ってみよう)、香月日輪さんの「妖怪アパートの幽雅な日常」シリーズ(全10巻)、文庫本ではまだ2巻目までしか出ていない。文庫本が出てくるのを楽しみに待っていよう。とか言っていたのはいつのこと。ついつい図書館で5巻まで借りちゃった。どんな話かくらいは紹介しなくちゃいけないような気がするな。

 Youkai01_3  たまには良いじゃありませんか。文庫本が出たら買うんだから。図書館も利用しなくちゃ勿体ない。それに、講談社YA! ENTERTAINMENTはなかなか売ってないんだよ。日本に税金納めてない某zonで買う気にもならないっしょ。条東商業高校に通う俺-稲葉夕士が主人公のお話は、題名からして当然といえば当然ながら、「寿荘」(通称、妖怪アパート)を抜きにしては語れない。 本物の幽霊と妖怪と、それ以上に怪しい人間たちが織りなす妖怪・人間ドラマ。しYoukai02_4 かも、俺は魔書を使い、妖魔を操る「ブックマスター」という魔道士の端くれになっちゃった。とは言え、大魔界との対決なんてことはま~たくなくて、皆で見守る夕士の成長、妖怪と人間、様々な愛の物語と云うところかな(言い過ぎか、笑)。「知ってるかい、夕士クン?『地獄の道は、善意で舗装されている』んだヨ~」とかね。1巻目は「寿荘」との出会い。2巻目は「魔道書」(ふふふ、読んでみてのお楽しみ)との出会いと云ったとこ。さて、6巻目以降だ。

妖怪アパートの幽雅な日常①(2008年10月15日第1刷発行、講談社文庫)

妖怪アパートの幽雅な日常②(2009年3月13日第1刷発行、講談社文庫)

Trackback People ⇒ SF & Fantasy

|

« きのうの世界 | Main | 猫風船 »

Fantasy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 妖怪アパートの幽雅な日常:

« きのうの世界 | Main | 猫風船 »