« モダンタイムス | Main | 妖怪アパートの幽雅な日常 »

きのうの世界

 さて、5周年記念のご紹介第二弾。その前に、紹介してきた本のカテゴリーを見てみよう。Fantasyが最も多く33.3%である。第2位はSFと思いきや、活劇で11.2%。流石、疲れた時の活劇である。以下、世相7.6%、Mystery7.2%、SF6.8%、幻想4.8%、歴史4.4%、怪奇3.6%、悲喜劇3.2%、Horror2.4%、時代1.6%、home-drama1.6%、Hard-boiled1.2%、その他10.8%となっている。何だかカテゴリー分けも難しく、Fantasyやその他に分類するケースが増えているようにも思う。特に日本の作家にその傾向が強く、世相なんて言っても、若干超自然的な要素を含むものもあって、本来Fantasyでも良さそうなものもある。今回紹介する恩田陸さんの作品も実はカテゴリー分けするのが適切なのかどうかよく判らない。

Onnda_2 ずっとそのままになっていた「きのうの世界」(恩田陸さん、2008年9月4日第1刷発行、講談社)。「みんな知っていたはずだ。だけど、知らないふりをしてきただけさ」。水路が走り、奇妙な塔がたつ。そんな町の川を渡ると、丘陵に水無月橋がある。そこで起こった殺人事件。「瞬時にデジタルで大量の情報が送られる世界。それは逆に、・・・1個人が凄まじい量の情報を持つことを可能にした」。それとはまた異なる孤独な世界での事件は、ミステリーなのか、幻想なのか、「あなたは迷う」。「もしもあなたが水無月橋を見に行きたいと思うのならば」、幾つもの事件を迷わず進んでいくことをお薦めする。

<参考>2004.8.3~2009.8.2
累計アクセス数: 1,071,102件
記事数: 491 件
コメント数: 1,224 件
トラックバック数: 400 件

|

« モダンタイムス | Main | 妖怪アパートの幽雅な日常 »

Mystery」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference きのうの世界:

« モダンタイムス | Main | 妖怪アパートの幽雅な日常 »