« 魚舟・獣舟 | Main | ドラゴン・ティアーズ-龍涙 »

ころころろ

今年の夏も終わりかな。今日はとても夏らしい日だった。明日からしばらく雨のようだ。さて、明日は選挙だし、今のうちに本のご紹介でも致しましょう。去年読んだ本の紹介じゃ、やっぱり遅いような気がします。こんなことではいけません。とかなんとか言いながら、デビュー30周年記念作品の一つだし、神林長平氏の「敵は海賊・短編版」(2009年8月25日発行、ハヤカワ文庫)にしようかと思ったが(書き下ろし「匋冥の神」のほか、「敵は海賊」、「わが名はジュディ、文句あるか」、「被書空間」を収録)、これはこれで読んでもらうこととして、今日はこちらをご紹介。

神は祟る者なのです。

神は犯す者なのです。

神は喰らう者なのです。

Hatakenaka01 こんなところを書き抜くと、何だか怖い話かなと思うでしょう。ところが、これは畠中恵さんの「ころころろ」(2009年7月30日発行、新潮社)でありました。若だんなのまわりには、いつものように鳴家をはじめ妖たちが勢揃い。でも、いつもと少々違うかな。はじめての話が今頃、こんなことになろうとは。千年の時を超えて生きる仁吉に佐助の兄やたち、若だんなを案じて大変に。人にも神にも、抱える思いがあるものさ。ころころころろと転がる音はなんの音。「しゃばけ」シリーズ第八弾。忘れる訳にはまいりません。

<参考1>「しゃばけ」シリーズ
いっちばん
ちんぷんかん
うそうそ
おまけのこ
ねこのばば
ぬしさまへ
しゃばけ

<参考2>「敵は海賊・短編版」表紙

Kanbayasi01

|

« 魚舟・獣舟 | Main | ドラゴン・ティアーズ-龍涙 »

Fantasy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ころころろ:

« 魚舟・獣舟 | Main | ドラゴン・ティアーズ-龍涙 »