« 残される者たちへ | Main | 海賊船ベヘモスの襲撃 »

木でできた海

数日前、福岡へ行った。いつも感じるのだが、便利なところだ。地下鉄で空港から博多駅まで5分。空港移転の話もあったが、そのままになるそうだ。ところで、もう少し暖かいかと思ったのだが、東京と変わらなかった。バラの花も枯れ始めたなどと前回書いたが、別のバラが咲き始めた。一面だけ見て物事を判断してはいけませんな。しかしながら、幾つもの自分を見たら、どうなんでしょうね。そう云う話が、Jonathan Carrollの「THE WOODEN SEA(木でできた海)」(2009年4月30日初版、市田泉訳、創元推理文庫)。空港へと向かうところで、いつものように慌てて仕入れた本の一冊だった。「死者の書」で有名な作家らしいが、実は読んだことがなかった。死者の書と言えば、「原典訳 チベットの死者の書」(1989年5月25日初版第一刷発行、川崎信定訳、筑摩書房)か、などと云う話はまた別の機会にいたしましょう。

Wooden01これがなかなかに面白い。クレインズ・ヴューの警察署長フラニー(フランシス)・マケイブがオールド・ヴァーチューなる犬を拾ったところから時空が縺れだす。まァ、話は読んで頂くとしてだ。そうそう、本書はクレインズ・ヴュー三部作の掉尾を飾る作品だそうだ。知りませんでした。読んでしまったのでしょうがない(笑)。フラニーが好いんだなァ。「車内に転がってるものを見れば、・・・(途中相当に省略)・・・煙草、KC・アンド・ザ・サンシャイン・バンド、ケツの穴検査結果、犬の死骸。おれってどういうやつなんだ?」なんてね。さァ~て、「木でできた海で、ボートをこぐにはどうしたらいい」のでしょう。それにしても、「神は細部に宿る」って言葉を何処かで聞いたような。昨日の映画じゃないし(公開二日目だというのに、空いてます)、なんて思っていたら、読みかけで放り出している「犬は勘定に入れません」でした。

<昨日のバラ>
003


|

« 残される者たちへ | Main | 海賊船ベヘモスの襲撃 »

SF」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 木でできた海:

« 残される者たちへ | Main | 海賊船ベヘモスの襲撃 »