« 大聖堂 果てしなき世界 | Main | 木でできた海 »

残される者たちへ

今日は暑い。この辺りには高い建物がないので、こんな日は夏のような感じだ。つつじ祭りが終わり、バラの花も枯れ始めた。先ほどまで下の娘が来ていた。早速に海堂尊氏の「極北クレイマー」を持って行ってしまった。まァ、海堂氏の作品は、既に映画になっているもの(「チーム・バチスタの栄光」、「 ジェネラル・ルージュの凱旋」)もあるし、いまさらレビューすることもあるまい、などと強がりを言ってみる。「医学のたまご」、 「ジーン・ワルツ 」、「イノセント・ゲリラの祝祭 」も紹介してないしな。さてはて、高い建物のない、この下町に10階建て、幅のあるマンション建設の計画がある。裏の方々は昼なお暗い暮らしとなってしまう。当然ながら反対運動が起こっている。道のこちら側には影響がないとはいえ、「わたしたちが、愛してやまないカタチ」が崩れてしまうのはかなわない。

小路幸也氏の「残される者たちへ」(2008年12月22日初版第1刷発行、小学館)は、Syouji01その「カタチ」がキーとなっている。<方野葉団地>、そこは「まるで、まるで、ひとつの大きな生き物みたいだった」。それが今では「ゴーストタウン」。二十数年振りの同窓会に出席したジュンチこと川方準一、同窓会幹事のアッキこと押田明人。二人は友だちだったのか。ジュンチの記憶の中にはアッキがいない。片や13歳の芳野みつきの頭の中には死んだ母親の記憶が甦る。彼らが出会った時、<方野葉団地>で何事かが動き始める。そこは一体なんなのか。そして、残される者たちとは? 「東京バンドワゴン」シリーズ(「マイ・ブルー・ヘブン」が出ている) などとは趣を異にする。「空を見上げる 古い歌を口ずさむ」に近い作品。Robert A. Heinleinの「THE PUPPET MASTERS(人形つかい)」(2005年12月15日発行、福島正実訳、ハヤカワ文庫)とも近そうで遠い(「ブレイン・スナッチャー」と云う題で映画化されている)。

<今日のバラ>
049

|

« 大聖堂 果てしなき世界 | Main | 木でできた海 »

Fantasy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 残される者たちへ:

« 大聖堂 果てしなき世界 | Main | 木でできた海 »