« いっちばん | Main | おそろし »

非正規レジスタンス

今日は幾分暑さも和らいだので助かった。昨日までは歩くのも嫌になるほどだった。とは言え、運動は歩くことだけなので、毎日汗だくになって歩いている。歩いている間はいいのだが、ホームなどで立ち止まった途端に汗が噴き出してくる。先日ある番組で良い汗と悪い汗の話をしていた。私の場合、顔だけではなく、全身に汗をかくので、悪い汗ではなさそうだ(ズボンがぐちゃぐちゃになるのは敵わないが)。汗には一汗や大汗のように運動や仕事で流す汗のほかに、冷や汗や脂汗などもある。石田衣良氏の「非正規レジスタンス(池袋ウエストゲートパークⅧ)」(2008年7月30日第1刷、文藝春秋)の汗は後者の方が多そうだ。などといつものように強引な繋ぎと相成りました。

今回は「千川フォールアウト・マザー」、Isida01「池袋クリンナップス」、「定年ブルドック」、「非正規レジスタンス」の4話です。いつものように真島誠がトラブルシューターとして活躍。「この世には見えない家族っているよな」で始まりますが、見え過ぎるマコトのおふくろもいつものように出てきます。浮かばれないフリーターやシングルマザーがやたらにいる一方、桂和文(池袋クリンナップス)とか亀井萌枝(非正規レジスタンス)のような王子様、お嬢様も結構いるのですねぇ。格差社会と云うことでしょうか。いずれにせよ、社会的な不満が溜まっていて、エンタテイメント作品にも、それが顔を出してきたと云うことでしょうか。五十嵐貴久氏の「誘拐」(2008年7月25日第1刷発行、双葉社)の犯行も、その辺りに起因しています。どちらも少々安直な気もしますが、筋立てとしては悪くありません。

<参考>
Gボーイズ冬戦争
灰色のピーターパン
反自殺クラブ
電子の星

|

« いっちばん | Main | おそろし »

世相小説」カテゴリの記事

Comments

運動と仕事が同じで毎日、汗をかいている私です。週の半分はスーツ姿ですが、d様が言われるように立ち止まった時の汗が噴き出してくるのは何とかしてほしいですね。その対策として、私は吸湿性に優れた天然素材の藍染Tシャツを下着にしています。(販売先、お知らせ可能です。かなりの優れものですので、不快感はかなり減ります。)
いずれにせよ、顔だけ大汗の状態は、注意すべきですね。私も何かのネット情報で見た記憶があります。
本日は京都の宇治川の花火を見てきました。で、家族は宇治川近くの親戚の家で一泊。私は今、帰宅したところです。花火は予想通り、大変な混雑で、ご承知のように多くの子供たちが迷子にならないか、冷や汗の連続でした。
ということで、私も強引なコメントと相成りました。ご容赦を。

Posted by: 小島愛一郎 | Aug 10, 2008 22:52

小島さん、おはようございます。

ご家族で宇治川の花火とは素晴らしいですね。混雑は花火につきもの、子供たちの思い出に残ることでしょうね。東京でも何処かで花火をやっていたようで、音が聞こえてました。激しい雨も降りました。暑さが和らいだのは昨日だけだそうです。今日からはまた猛暑とのこと。頑張ります。dより

Posted by: dawn | Aug 11, 2008 06:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 非正規レジスタンス:

« いっちばん | Main | おそろし »