« イスタンブールの群狼 | Main | RDG »

スタンド・バイ・ミー

「スタンド・バイ・ミー」と言えば、あのStephen Kingの「The Body(スタンド・バイ・ミー-恐怖の四季 秋冬編)」(山田順子訳、新潮文庫)を原作とした映画を思い出しますが、ここで紹介するのは、「東京バンドワゴン」第3弾、小路幸也氏の「スタンド・バイ・ミー」(集英社、2008年4月30日第一刷発行)なのです。ところで、昨日帰宅したら、テレビで「グリーンマイル」-Stephen Kingの「The Green Mile(グリーンマイル)1~6」(白石朗訳、新潮文庫、1997年1月~6月発行) 原作の映画-をやっていました。Stephen King原作映画化の中では、「スタンド・バイ・ミー」、「グリーンマイル」ともにヒットした作品です。小路氏の「東京バンドワゴン」シリーズは、映像化されるとすればテレビ・ドラマなのでしょうが、どうでしょうかねぇ。

なんてことはさておき、このシリーズ、下町の風情が出ていて、なかなか楽しい作品です。Shoji01毎回、様々な事件が起きますが、そこは古本屋「東京バンドワゴン」の家訓「文化文明に関する些事諸問題なら、如何なる事でも万事解決」なんてことでして、今回は4つの事件が起こります。秋に「あなたのおなまえなんてぇの」から始まり、冬には「冬に稲妻春遠からじ」、翌春には「研人とメリーちゃんの羊が笑う」ときて、夏の「スタンド・バイ・ミー」で終わります(何のことやら分かりませんね)。因みに、Stephen Kingの「スタンド・バイ・ミー」は秋でした。それにしても、堀田家の家族の増え方は尋常じゃありません。詳しくは「登場人物相関図」を本で確認して下さい。少子高齢化の折、こんな家族が良いのかもしれませんね。

しかし、毎回書くのですが、「本は収まるところに収まる」と云う家訓にだけは今一つ得心が行かないのでありました。なんせ、Stephen Kingの「スタンド・バイ・ミー」も「グリーンマイル」もいつものように見つかりません。

<参考>「東京バンドワゴン」シリーズ
1.東京バンドワゴン
2.シー・ラブズ・ユー

|

« イスタンブールの群狼 | Main | RDG »

Home-drama」カテゴリの記事

Comments

お久し振りです、hydrangeaです。
「本は収まるところに収まる」と云うのはdawnさんのお家の家訓なのですか? 私の部屋は、読みたいと思った本は発掘作業が必要になって参りました。…本買いすぎって言う意見も…w
ところで、Kingは随分前から、引退する、引退するって公言していますが、これは、口癖って思った方が良いんでしょうかね。
現在、楽しい読書がなかなか出来ず、ちょっと淋しいです。

Posted by: hydrangea | Nov 29, 2008 17:33

hydrangeaさん、お久しぶりです。
最近は私も忙しくて楽しい読書ができない日々が続いてます。お陰であまり本が増えなくて良いのですが、「本は収まるところに収まる」が私のところの家訓であれば苦労は致しません(古本屋「東京バンドワゴン」の家訓です)。ま、本はあらゆるところに積み上げられておりまして、何か探すとなると山が崩れることになる有様。しかも、私の本には足が生えているようで、頻繁に娘の家に出張してしまうのでありました。ところで、Kingの引退なんてのは、「暗黒の塔」シリーズじゃありませんが、終わりのない話に違いないのではないでしょうか。dより

Posted by: dawn | Nov 30, 2008 12:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スタンド・バイ・ミー:

« イスタンブールの群狼 | Main | RDG »