« ハーンの秘宝を奪取せよ | Main | イスタンブールの群狼 »

モーニング

2週続けて週末出張だとなかなか本の紹介も出来ない。小路幸也氏の「モーニング」は好いな。紹介したいのだが疲れてしまった。続きは後日としよう。既につづじ祭りも始まっているのだが、先々週の桜は味があったなどと思う。、先週、今週と東京以外では桜がまだ咲いていたが、惜しむ心に残る花もある。先々週は雨が降り続いていた。そんなある早朝に桜を見て歌を詠んでみた(最後尾参照)。
<4/27>さて、先週の続きと云うことで、小路幸也氏の「モーニング」(実業の日本社、2008年3月25日初版第1刷)の紹介をちょっとしておこう。

「モーニング」は「Mourning」である。Shoji01ダイ、淳平、ヒトシ、ワリョウは、真吾の葬儀で福岡に集まった。彼らは既に45才。東京、横浜、水戸、金沢、福岡とバラバラに暮らしていた。同じ大学でバンドを組み、同じ屋根の下に4年間住んでいた5人。卒業後、全員が集まったことは殆どない。突然、淳平が言う、「俺は一人で、この車で行く」、「自殺するんだ。俺は」と。福岡から横浜への4人のロングドライブが始まる。20何年間前の日々を思い出す4人。その思い出の中に淳平の自殺の理由が隠されているのか。「なんでもないことが、思い出になるなって気づくのは歳をとってからだよな」。朝には横浜に着く。

「はなのいろ つめたきあめに とけこみて うつろうときを しばしとどめる」、歌は何ともであるが、雨の中で咲き残っている桜も風情があるものだ。  
Lastsakura

|

« ハーンの秘宝を奪取せよ | Main | イスタンブールの群狼 »

世相小説」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モーニング:

« ハーンの秘宝を奪取せよ | Main | イスタンブールの群狼 »