« ブラックペアン1988 | Main | 夢見る黄金地球儀 »

秋の牢獄

急に寒くなり、漸く秋らしくなった。「秋は夕暮」と清少納言は枕草子で書いている。月周回衛星「かぐや」から見た地球を見たり、昨夜の月など見ていると、やはり「秋は夜中」かなとも思う。火星も大接近している。などと思いつつ、海堂尊氏の「夢見る黄金地球儀」の紹介をしようかと思ったが、ここは直裁に「秋」に関係した題名の「秋の牢獄」(恒川光太郎氏著、平成十九年十月三十一日初版発行、角川書店)を紹介することにした。10月27日から11月9日は読書週間だったのだが、日本人の本離れは相当酷い状況のようだ。氾濫するメールなどで日本はどうなっていくことやら。画面しか見ない孤独な人が増えていくのだろうか。

「秋の牢獄」には、「秋の牢獄」、「神家没落」、Tunekawa01「幻は夜に成長する」の三篇が収められている。「夜市」で子供の頃に見た幻のような、déjà vuの世界へと誘われ、「雷の季節の終わりに」で異界へと引き込まれた我々は、遂に11月7日に連れてこられてしまったのか。そこは今までとはまた異質な世界。ところで、私のパソコンはまたしても調子が悪い。自分勝手な考えでドライバーを消すなど異質な世界へ飛んでいく。紹介はこの辺にして、修復作業に取り掛かろう。

|

« ブラックペアン1988 | Main | 夢見る黄金地球儀 »

幻想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 秋の牢獄:

« ブラックペアン1988 | Main | 夢見る黄金地球儀 »