« 烏金 | Main | 楽園 »

木洩れ日に泳ぐ魚

宮部みゆきさんの「楽園」やDiana Wynne Jonesの「うちの一階には鬼がいる」なども紹介しようかと悩みつつ、読んだ順にしようと思うのだ。じゃ、「風は山河より」、「月島慕情」、「ロック・ラモ-ラの優雅なたくらみ」などなどはどうするのだと反省することになるのだが(読んでない本も増えつつあるしなァ)、まァ、そのうちそのうちと云うことにして、恩田陸さんの「木洩れ日に泳ぐ魚」(2007年7月25日初版発行、中央公論社)を紹介しよう。何故に「木洩れ日に泳ぐ魚」なのだろう。私には今一つ解らないのだ。恩田陸さんの記憶の断片なのだろうか。著者直筆サイン入りオリジナル・クリアファイル&レターセットなんて要らないから、ちょっと教えて欲しいな(この10月末までプレゼント応募中)。

Onda02私の記憶は二十年程前のもの。夏、私は小川で魚釣りをよくしていた。ちょうど木の下に深みがあった。一日中、釣り糸を垂れていたが、高地のせいか暑さはあまり感じなかった。光と影、幻のような魚たち。そこには美しさがあった。「たぶんこれは、一枚の写真についての物語なのだろう」で始まる物語は、記憶の断片に反射する光のように散らばる。「真珠のピアス」(松任谷由美 作詞・作曲)についても男と女は見方が違う。物事によっては、男性からすれば怖いと思うのだけれども、女性から見ればコメディなのかもしれないと感じることがある。触れ合うようで、何処にも接点のない恐怖。カメラに向かう偽りの笑み。非日常的な状況が記憶の訪れとともに日常的な冷酷さに浸されていく。女性はミステリアスな存在か。男性は薄っぺらい影なのだろうか。

|

« 烏金 | Main | 楽園 »

Mystery」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 木洩れ日に泳ぐ魚:

» 木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸 [粋な提案]
装画は佐々木悟郎。装幀は中央公論新社デザイン室。「婦人公論」2006年1月22日号〜2007年2月22日号連載に加筆。 高橋千浩と藤本千明が、数年間一緒に暮らしたアパートで迎えた最期の夜。二人とも、一年前に旅先で起... [Read More]

Tracked on Sep 14, 2007 01:03

» 木洩れ日に泳ぐ魚<恩田陸>−(本:2007年116冊目)− [デコ親父はいつも減量中]
木洩れ日に泳ぐ魚 出版社: 中央公論新社 (2007/07) ISBN-10: 4120038513 評価:79点 最後の夜が始まった。 明日になれば、一緒に暮らしていた家を引き払い、別れて別々の人生を歩んでいく予定の男と女。 二人は小さい頃生き別れた兄弟だった。 偶然出会い、いつし...... [Read More]

Tracked on Oct 17, 2007 00:37

« 烏金 | Main | 楽園 »