« 5月検索キーワード | Main | 朝日のようにさわやかに »

ジェネラル・ルージュの凱旋

螺鈿迷宮」ではなかった。本線はこれだったのか。完全に謀られてしまった。海堂尊氏の「チーム・バチスタの栄光」シリーズは、第二作「ナイチンゲールの沈黙」に続き、「ジェネラル・ルージュの凱旋」(宝島社、2007年4月23日第1刷発行)へと繋がるのだった。別名愚痴外来の責任者であるグッチーこと田口公平、厚生労働省の役人であるロジカル・モンスターこと白鳥圭輔、氷姫こと姫宮勢揃い。「ナイチンゲールの沈黙」のストーリーを絡ませつつ、螺鈿迷宮への伏線もあると云う何やら結構なお話は、ジェネラル・ルージュの伝説を明らかにしていく。

Kaido01_2東城大学医学部付属病院救命救急センターの速水部長は、モニタ画面に囲まれて何を考えていたのか。リスクマネジメント委員会やエシックス・コミティはどう動いてくるのか。しかしねぇ、エシックス・コミティの初代委員長は「空疎かつ豪華絢爛な修辞の使い手。決して結末に至らない文章を操る名手」だそうだ(其処彼処にいそうなタイプではあるが)。え、それがどう絡んでくるかだって。それは決まっているでしょう。白鳥の可愛い子ぶりっこではないが、「ひ・み・つ」ですよ(笑)。

【追記】アップして気が付いた。これは丁度400回目のエントリーだった。400回目は恩田陸さんの「朝日のように さわやかに」を紹介したかったのだが。

記事数: 400| コメント数: 1151| トラックバック数: 389| 累計アクセス数: 694438|1日当たりの平均: 670.95 が現在までの状況である。

|

« 5月検索キーワード | Main | 朝日のようにさわやかに »

世相小説」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジェネラル・ルージュの凱旋:

« 5月検索キーワード | Main | 朝日のようにさわやかに »