« 11月検索キーワード+口コミ2.0 | Main | 狐笛のかなた »

雷の季節の終わりに

昨日の冷たい雨が嘘のようだ。今日はやっと秋が来たような按配である。「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」(藤原敏行)なんて今頃考えてしまう。まァ、晴れているのは良い事だ(今日は1953、53なのだから。解らないでしょう、笑)。良い事なので、一つジョークでも紹介しよう。早坂隆氏の「世界の日本人ジョーク集」(2006年1月10日初版、中公新書)からの抜粋である(少々端折っている)。「豪華客船が沈みだし、船長が外国人乗客に指示した。アメリカ人には、飛び込めばあなたは英雄ですよ。ドイツ人には、飛び込むのが規則となっています。フランス人には、飛び込まないで下さい。日本人には、みんな飛び込んでますよ。」だとさ。でも、「みんな歩きながらケイタイは見てませんよ」と言っても、ダメだろうな。

Tunekawa01何だか紹介しようと思っている本とかなり話がズレてしまった。しょうがないか。いずれにせよ、「やがて新しい季節が訪れる」のだから。と云うことで、恒川光太郎氏の「雷の季節の終わりに」(平成十八年十月三十一日初版発行、角川書店)を紹介しよう。「夜市(よいち)」(角川書店、平成十七年十月三十日初版発行)の世界へとまた誘われる。そこは「風わいわい」のいる世界。うつしよと雲海の楽園との曖昧な境界なのか。そこは「穏(おん)」。雷季、雷の季節のある土地。雷鳴、稲妻のなかで何が行われているのか。つきまとうトバムネキ、百年も昔の異界の話はどのような結末になるのか。佐竹茜に連れられた草間賢也にとって、そこは薄暗い記憶の世界なのか、色とりどりの光を発している泉なのか。Stephen King 「ダーク・タワー」の<雷鳴>とは違った夢と現が螺旋階段のように進む物語。

公園風景(本日)
Rimg0125Rimg0127Rimg0130


|

« 11月検索キーワード+口コミ2.0 | Main | 狐笛のかなた »

幻想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雷の季節の終わりに:

» 「世界の日本人ジョーク集」早坂隆(著) [プラスチック会社〜エンジニア社長ブログ]
一日一度のクリック!にご協力下さい! 世界から憧憬の眼差しが注がれる経済大国?物真似上手の会社人間?地球各地で収集したジョークの数々を紹介しつつ、真の日本人像を描き出す。笑って知って、一冊で二度おいしい本。  昔からあるジョークものですが、今の時....... [Read More]

Tracked on Dec 24, 2006 12:56

« 11月検索キーワード+口コミ2.0 | Main | 狐笛のかなた »