« アコギなのかリッパなのか | Main | シャドウ・ゲーム »

最後の喝采

■Robert Goddardの「Play to the End(最後の喝采)」(加地美知子訳、講談社文庫、2006年1月15日第1刷発行)

先週は何かと忙しく、ブログも1週間放置してしまった。さて何をしていたのか考えると、移動時間はそれなりにあった。そこそこ読書は出来たし、歩きながら写真も撮っている(今年は花粉症が比較的軽いようだ)。昨日も夕暮れ時に眼鏡の調整に寄った。ついでに本も購入。レジで「ファイブエルをどうぞ」と言われたのにはドキッとした(関係者としては嬉しいが)。現在30万部出ているが、うち10万部は業務用。フリーペーパーと言いながらも、実際に街頭で見かけることは少ない。おっと、何を話そうとしてたんだっけ。う~む、そうだった。Robert Goddardの優柔不断な世界だった。どうも彼の作品になると、こちらもウダウダとしてしまう。「悠久の窓」(去年の3月発行)以来である。

nearco01前回は、「主人公たちの気の弱さ、奇妙な思考回路、全く理解できないねと思うが、ズルズルと引き摺り込まれていく」とか書いた。今回も主人公達は何を考えているんだかと言いたいところだが、そうでもない。今回は分かり易い(いつもよりは…)。これは単なる未練たらしいのだ。これが、ある意味イライラの原因(悪い意味じゃありません)なのだが、それなりにスッキリはする。「PAST CARING(千尋の闇 上)」(幸田敦子訳、創元推理文庫、1996年10月18日初版)などとは明らかに違うのである。

goddard01今回の未練たらしい男は、ジョー・オートン作「気にくわない下宿人」の舞台に出演しているトビー・フラッド。これが、離婚訴訟中の妻ジェニー・フラッドから「会えるかしら?」と電話があると、「そう持ちかけられて反対したためしがあったかな?」なんて答える。ストーカー対策を頼まれると、「きみのためならどんなことだろうと、ジェニー」なんて言っちまうわ、「ふたたび彼女の愛をとり戻す望みをすててはいないから」なんて考える。そのくせ、「じゃあ、これでね、トビー」と彼女が歩いていくのを見送ることになる。

あ~ァ、こうして、トビーはトラブルへとまっしぐら。ストーカー行為をしていたデリク・オズウィンには裏をかかれているのに、「自分の演技を向上させたいと思わせるのに成功したようだ」とか呑気に考える。その後のトビーはどうなるのか。舞台はすっぽかすわ、殺されそうになるわ。なんせRobert Goddardですから、仕上げはご覧じろと云うところかな。ところで、この舞台はブライトンなので、少々違うのだが、女主人ユーニスのホテル「シー・エア」を読んでいて、何故か島田荘司氏の「異邦人の夢」(PHP研究所、1989年11月24日第1版第1刷発行)の「わが友ホームズ」の章を思い出してしまった。「世界は不可思議に満ちている」ではない(笑)。「ああこれが英国か、と思った」と云うミセス・ホールの箇所なのだ。では、次の次くらいに、またまたイライラしそうな話でもご紹介しよう。

【追記】この文章は昼頃書いたものをアップしたものである。よくも花粉症は比較的軽いと書いた。我ながらなんて甘いのだ。午後から外は強風に煽られた花粉の世界となっている。先ほど自宅に帰り着き、「目が痒いよ~、鼻がむずむずするよ~」と叫んでいる。なお、上の写真は水曜日の午前中、会社の近くで地下鉄に乗る前に撮ったものである。⇒続きは「シャドウ・ゲーム」へ

|

« アコギなのかリッパなのか | Main | シャドウ・ゲーム »

Mystery」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最後の喝采:

« アコギなのかリッパなのか | Main | シャドウ・ゲーム »