« 謹賀新年 | Main | 侵入社員 »

犬と吉祥の美術

今年の正月は体調がすぐれなかった。昨日まで天候も悪かった。家の中で飲んでいるしかない羽目に陥った。酒は新潟から送ってもらった朝日酒造「越州」の「壱、弐、参、悟、禄」を飲んだ。「禄乃越州」などは水を飲んでいるかのような按配である。美味い。そうこうするうちに、昨日の夕方から天気も回復。私の頭も本日の朝方から漸く改善した。晴れてて元気なら、行かなくちゃ、などと思いながら、東京国立博物館へと行ったのだった。

昨年の「酉・鳥・とり」同様に、「博物館に初もうで」、新春特別展示「犬と吉祥の美術」(1月2日~29日)なのだ。

museum03犬は古来より人間の最も近しい生き物であり、魔を除けてくれるとされている。「帯 葡萄色天鵞絨地小犬草花模様」などはまさに艶やかでありながら、魔除けでもあるのだろう。円山応挙の「朝顔狗子図杉戸」など、museum01可愛い犬が多いなか、後漢時代の「緑釉犬」や「埴輪 犬」などに親しみを感じる(埴輪の時代から既に首輪をしている)。うッ、流石に伊藤若冲。犬じゃないが、「松樹・梅花・孤鶴図」は好いね。でも、今年は戌年。最後は「嵯峨人形 桃太郎」で締めましょう(左下の写真)。

museum02ところで、昨日の夕方の空は何となく変な雰囲気だった(右下の写真)。恩田陸さんの「エンド・ゲーム」を読み終えたばかりだったからか。いや、気分の問題だったのかもしれない。なんせ、筒井康隆氏の自選ファンタジー傑作集「ヨッパ谷への降下」の第一篇が「菜菜飯店」だった。near061988年に「菜菜飯店」(新潮社、1988年6月15日発行)が出たときにも、某銀行のN氏が「こんな店が欲しいですね」なんて言っていた。体調が悪いと、こんな店に本当に行ってみたくなる。でもねぇ、ある訳ないしね(笑)。

|

« 謹賀新年 | Main | 侵入社員 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

はにわイヌ・・・舌をでれっと出してました(w)。日本画の「朝顔狗子図杉戸」は今でいえばワンコのポスターとかでしょうか。モコモコした子犬は時代をとわずかわいいとみんな思うんだー。

件のCuteOverloadで「日本の『カワイイ』にお辞儀!(日本の国歌演奏つき)」とまで絶賛される日本的「カワイサ」はこういった歴史と伝統があるんですね。

で、そのCuteOverloadにミューヨーク・タイムスの記事「カワイさを科学する(原題:TheCuteFactor)がリンクされていました。
http://www.nytimes.com/2006/01/03/science/03cute.html

そこにあった"Which is cute?"のリストによると鼻は「小さくてひらべったい方がカワイイ」そうです。カルチャー・ギャップだ。。。
( ̄□ ̄;)

Posted by: koolpaw | Jan 04, 2006 18:18

koolpawさん、おはようございます。
いやァ、随分と「カワイサ」のファクターには違いがありそうですね。だから、いいんでしょうけど(笑)。dより

Posted by: dawn | Jan 05, 2006 08:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 犬と吉祥の美術:

» 博物館に初もうで [単身赴任 杜の都STYLE]
東京のいくつかの公立博物館や美術館は、正月2日から開館しています。東京国立博物館 [Read More]

Tracked on Jan 04, 2006 08:32

« 謹賀新年 | Main | 侵入社員 »