« 「問題提起」への返信 | Main | 「スパイズ・ライフ」 »

「不条理な散歩」

休日の昼下がり、私は散歩に出た。空気は冷たいが、陽射しは暖かく、絶好の散歩日和だ。
車通りを折れて、路地裏に入った。そのときは何も感じなかった。路地裏を抜け、住宅街を歩いているとき、ふと思った。何故、誰もいないのだろう。
そう、路地裏に入って以来、私は誰にも遇っていない。こんなに良い天気の休日、普段なら地図を手にした観光客が大勢歩いてることだってあるのに。

きっと公園まで行けば、子供連れが遊んでいるに違いない。公園を見渡した。誰もいない。
滝の付近なら、いつも誰かいるはずだ。私は焦りながら、滝のそばへと階段を足早に下りた。

わ、人っ子一人いない。私は違う世界へ迷い込んだのだろうか。ウージェーヌ・イヨネスコ(Eugène Ionesco)の「Photo du colonel, La―大佐の写真」(白水社)を思い出す。

『ぼくたちは、街のなかを、二キロほど歩きまわった。街は、依然として、ひっそりと眠ったように静まりかえっていた。でも、この静寂さは、少々、度がすぎていはしないか?沈黙する街が、ぼくを不安にさせた。』…不条理な殺人…

ウージェーヌ・イヨネスコの「授業」が渋谷のジャンジャンで上演されていたのを覚えている人もいるだろう。あの不条理な世界。私は、そんなところに来てしまったのだろうか。確かに季節も同じだ。

光り輝く世界のなかで、途方もなく孤独だった。私も、公園の池の中に浮かんでしまうのだろうか。

そこに、「焼き芋、焼き芋だよ、美味しい美味しい焼き芋」。空想(いや妄想、笑)は破られた。
おい、小父さん、もうちょっと控えめにやってよね。折角、不条理な散歩の世界に浸って遊んでいたのに。

ところで、ウージェーヌ・イヨネスコ(Eugène Ionesco、1912年11月26日生、1994年3月28日没)は、フランスの不条理演劇を代表する作家の一人である。作品には文中に書いたもののほか、「禿の女歌手」(1950)、「椅子」(1952)、「犀」(1959)などがある。「授業」は1951年、「大佐の写真」は1955年である。 なお、ウージェーヌ・イヨネスコを読みたい方には「授業・犀ベスト・オブ・イヨネスコ」(白水社)がある。「大佐の写真」は図書館じゃないと読めないかもしれない。

路地裏⇒住宅街⇒公園⇒滝のそば(本当に誰もいなかった。不可思議な時間だった。)
fujyouri01fujyouri02fujyouri03fujyouri04fujyouri05fujyouri06

|

« 「問題提起」への返信 | Main | 「スパイズ・ライフ」 »

幻想」カテゴリの記事

Comments

ご案内戴いた「不条理な散歩」は丁度1年前の「出来事」でしたか・・


(「起」)

<こんなに良い天気の休日、普段なら地図を手にした観光客が大勢歩いてることだってあるのに。
<・・・
<滝の付近なら、いつも誰かいるはずだ。私は焦りながら、滝のそばへと階段を足早に下りた。

クイズではないが「一体、何処なんだろう・・」とつい思う・・それにしても、写真が一層静寂さを醸し出している。ここは一つ当たらずとも遠からずで「観光客」「滝」「写真」から「等々力渓谷」としておこう。


(「承」)

余談ながら、明治期の文豪なら未だ見ぬ人々に「東京タワー」を如何なる文章で描写することであろう・・などと、つい思う。翻って「現在用語辞典」や「外来のカタカナ語」を前提にして作成する文章には「味気無い」のかも・・自身のメモに「?」している様を「反省」・・


(「一転」)

懲りずに「自画自賛」すると、「犬も歩けば棒に当たる。」転じて「人も歩けば金使う。」を経験している拙者(三成21)は、2015年には絶対に発行する!!と思い込んでいるSPに「行動力と購買力」を仕込んだのだが、購入者には是非とも「首都圏=自分の庭」と錯覚して貰いたいもんだ・・


(「二転」)

思うに、過の高名なる文豪は聖書の「はじめに 言葉 ありき・・」を疑い抜き「はじめに 行い ありき・・」に変訳した刹那「これだ!!」と欣喜雀躍したそうな・・奇しくも、作者d氏は「歩く=散歩」することで「棒=焼き芋屋」に遭遇し、日本の諺「犬も歩けば棒に当たる。」の実証者と相成ったのである。


(「結」)

他にも、散歩から派生した「ブログ」もあったようだし、ここは、やっぱし、d氏は、「足を使う=散歩」にこそ!「真の満足!を見出した体現者」と理解しておこう・・


(「汗・・」)

いやはや、我ながら本の内容が不案内ゆえ「推敲し過ぎっ!」でした・・か(笑)

Posted by: 三成21 | Feb 11, 2006 19:12

三成21さん、こんにちは
これは大層な解説、痛み入ります。丁度1年前に書いたものです。これで、ご質問にお答えしてますよね(笑)。dより

Posted by: dawn | Feb 12, 2006 12:13

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「不条理な散歩」:

« 「問題提起」への返信 | Main | 「スパイズ・ライフ」 »