« 大晦日に雪が積もる? | Main | 「米国ブログ読者数」 »

「酉・鳥・とり」

■東京国立博物館 新春特別展示「酉・鳥・とり」(2005.1.2~1.30)

大晦日から正月にかけて読書三昧なんて思っていた。でもkoolpawさんに書店の回し者と言われてもな。家も傾いてきたし、少し本の整理でもしようかと考えたが、そんなこと出来る訳もなく。まずは初詣。次の日も近所の神社へ。え~い、ついでに東京国立博物館まで行ってしまえ。と云うことで、dawnに付き物の鶏(=「酉・鳥・とり」)を見て参りました。読書は皆無(実は、秋田の水と酉とが主な原因、笑)。

正月早々に反省を一つ、「実現性のある計画こそ重要」。

それにしても、東京国立博物館の今年の標語は素晴らしい。

bunkyo010203bunkyo0102さて、新春特別展示「酉・鳥・とり」。「黒漆鳳凰唐草蒔絵太刀」、「鶏図小柄」など武具廻りとは思えぬ美しさ、「草花鳳凰文びらびら簪」の華やかさ、酉年にはさもありなん。伊藤若冲「鶏図扇面」の鶏に睨まれつつ(この鶏、「松梅群鶏図屏風」にも登場。なかなかの役者振り)、奥村政信「美人と鶏」にニヤッとする。朝日との関連の深い常世の長鳴鳥「埴輪 鶏」で安心しつつ、柳々居辰斎「諌鼓鳥」を見て、今年の天下泰平を願う。では、そろそろ夕暮れ、家路につこう。

【追記:「諌鼓鳥」を見て、今年の天下泰平を願う。⇒意味が判らないと云う声を頂きました。本当は博物館へどうぞと言いたいところですが、新春のサービスで解説をしておきます。「諌鼓」とは「昔、中国で、君主に対して諌言しようとする人民に打ち鳴らされるために、官庁に設けた鼓」(広辞苑)です。その上に鳥が乗っていると云うことは、「諌鼓」が「閑古鳥」と云うことですから、天下泰平だと考えた訳です。なお、「美人と鶏」についても、ご質問を頂きましたが、これはblogで書く訳にもいかないので、是非、博物館へ行って下さい。】

|

« 大晦日に雪が積もる? | Main | 「米国ブログ読者数」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

水の酉・・・・?

飲んだまま博物館に行ったのか!
( ̄□ ̄;)
酒気帯び観覧!!!

というわけであらためて
あけおめ ことよろ
とかいってまわってると本当に脳みその存在を疑われそうなので、
「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」
ときちんとご挨拶。ところで酉年の酉って鶏みたいなやつですよね!ヤンバルクイナとかドードー鳥みたいなやつじゃないですよね?ジンガイに「今年はChineseYearで」って言うとき「bird」って言っていいやら「chicken」って言ったほうがいいのか。Chickenじゃ鶏肉か?

Posted by: koolpaw | Jan 03, 2005 10:21

Koolpawさん、こんばんは
茨城くんだりまで(茨城の方、すいません。悪気はございません。単に疲れただけです。)出掛けていたので、今帰って来ました。久々に運転すると目が疲れていけません(言っときますが、飲んでませんよ、笑)。
ところで、酉年の酉とは鶏とは限らないようです。但し、梟等の猛禽は含まないようです(たまにはまじめに?)。しかも生きた酉ですから、「bird」で良いのではないでしょうか。但し、「raptorial bird=bird of prey」は含まない。何故なら、新年に「pray」は必要でも「prey」は要らない(爆)。dより

Posted by: Dawn | Jan 03, 2005 20:30

ふくろうは仲間にいれてもらえないのか。。。かわいそうに。鷲とかのヤクザな親戚を持ったばかりにおとなしく「ほーほー」と鳴いてるだけなのにこんな仕打ちを(さめざめ)。

あ、ふくろうって結構凶暴なんだっけ。
( ̄□ ̄;)

司馬遼太郎の「梟の城」は日本版ハードボイルドの金字塔だと思うオレ。映画は中井きいちでしょぼしょぼですから!残念!(実はかなり期待してただけに怒りは大きい)

Posted by: koolpaw | Jan 03, 2005 21:14

koolpawさん、おはようございます。
う~む、司馬遼太郎氏の「梟の城」。映像化で失敗することが多い司馬さんの作品、何故だろう。ディテールが難しいのか?
dより

Posted by: Dawn | Jan 04, 2005 07:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「酉・鳥・とり」:

« 大晦日に雪が積もる? | Main | 「米国ブログ読者数」 »